近年「〜テック」という言葉が注目され始めています。
これは、これまで人の手でやっていたものにテクノロジーを導入することでより便利にしていく取り組みのことを指します。

例えば「フィンテック」や「リーガルテック」などはすでに世間に浸透しており、聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

今回紹介するのは「アグリテック」。
おそらく聞いたことないですよね。

しかし、実はこのアグリテック、農業界を大きく変えることができる可能性を持っているため、農業に携わっている人や農業に興味がある人は必ず知っておくべきです。

そこで今回、アグリテックを詳しく解説していこうと思います。

<スポンサーリンク>
アグリテックとは

まずはアグリテックの定義を紹介します。

アグリテックとは、農業(Agriculture)に技術(Technology)を組み合わせることで、生産性を上げることを目的とするものとされています。
ここでの技術とは、IoTやAIなどのICTを指します。

農業はこれまで長年の経験とそこで培われる勘に頼っていた分野でした。
加えて、暑い日差しの中で腰を折りながら作業をするというキツいものでした。

アグリテックとは、経験と勘、そしてキツい作業を、ICTを用いることでより生産性を上げるということです。

日本は農業分野では世界的に見て、遅れを取っていると言われています。

これは、日本には経験と勘に頼る文化や、手作業で丁寧に作るという文化が根付いており、ICTなど新しいものを導入しないからです。

しかしこれから先、積極的に先進的な技術を導入していかないと、日本の農業は成長していくことは難しくなります。

なので、近年日本でアグリテックが注目され始めているのです。

アグリテックの事例

次に、アグリテックの事例をいくつか紹介していきます。

農業分野では、すでにアグリテックは浸透し始めていることが分かると思いますよ。

ドローン


ドローンはとても便利で、色々なものに活用されています。
もちろんこれはアグリテックにも活用され、ドローンはアグリテックの代表例とも言えます。
農業用ドローンの種類も徐々に増えています。

どう使われるかというと、種の散布や農薬の散布、成長状況の管理などに使われます。

これらのことは、これまでどんな広大な敷地でも人による作業が必要でした。
他にも散布を委託する形も取れますが、これには委託料がかかってしまいます。

そこでドローンを活用することで、簡単に短時間で広大な敷地も管理できるようになります

操作技術や航空法、保険の加入と国交相の許可などが必要となりますが、一度その壁を越えるとあとは農作業が一気に便利になります。

農業用ドローンはこれから急速に普及していくと思いますよ。

<スポンサーリンク>
水田管理支援システム「Paddy Watch」

(写真イメージ:http://www.daiwalease.co.jp/ls/paddywatch/index.html)

「Paddy Watch」はベジタリアが開発した、農業用IoTです。

「Paddy Watch」にはセンサが搭載されており、水田に設置することで水温・水位・温度・湿度の4つのデータを自動測定することができます。

加えて、通信機能も搭載されており、スマートフォンやタブレット端末の専用アプリケーションを使用することで、遠隔地からデータの確認が可能となります。

この「Paddy Watch」が与える最も大きな恩恵は、経験と勘に頼らなくてもよくなったということです。

就農したばかりの人が一番苦しむのは、経験と勘がないことです。
これを獲得するには、1年や2年じゃ到底不可能です。

しかし、「Paddy Watch」はデータによって自動測定してくれるため、数字で判断することが可能になります。

加えて、朝や夜の見回りも必要なくなるので、負担を大幅に減らすことができます。

これはレンタルして使うことができるので、新規就農者は使ってみるといいですよ。

PlantVillage


(写真イメージ:https://www.challenge.org)

「PlantVillage」とは、AIに病気を自動診断させるアプリケーションです。

まず、「PlantVillage」に搭載しているアプリケーションで健康な葉、病気の葉の写真を撮影します。

次にこの写真をAIに記録させ、そのパターンを学習させます。

そして学習したパターンをもとに、農作物の健康状態を自動判定します。

この画期的なアプリ、まだ日本ではほとんど認知されていません。
しかし、日本で広まることで、さらに日本の農業の生産性が上がる可能性があります。

加えて、これも経験と勘をカバーできるシステムとなっています。

アグリテックの可能性

今回紹介したアグリテックの事例はごくごく一部です。
今世界中では、アグリテックが急速に普及しており、それに伴い新たな技術も次々と登場しています。

アグリテックは農業を大きく変える可能性を秘めているということは先ほど述べました。
そうです、農業は大きな転換期を迎えようとしているのです。

農業はしばしば6Kと言われます。
「きつい」「汚い」「かっこ悪い」「臭い」「稼げない」「結婚できない」の頭文字のKを取りこう呼ばれます。

しかし、アグリテックはこれらの要素を全て払拭することができます
きつくも汚くも、臭くもなくなります。
むしろスーツでもできる作業が増えるため、かっこよく見えるようになるかもしれません。

就農者も農業に興味が有る人も関係なくアグリテックに注目しておいてください。

日本の農業がアグリテックによって変わる時はすぐそこまで来ていますよ。

その他おすすめ記事
今話題の有機農業/オーガニック農法とは〜意味、普及率、メリットを紹介
田舎生活や農作業を体験する「農泊」とは?地域活性化のカギとなるか?
自宅で野菜を育ててみよう!〜自宅家庭菜園の始め方・おすすめの野菜〜
一人暮らしの味方「もやし」が安い理由。生産者は利益を出せているのか?

 

日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活 (講談社+α新書) [ 窪田 新之助 ]

価格:907円
(2017/6/24 21:33時点)

<スポンサーリンク>