農業分野では、主に先進国において「食の安全性」が強く求められ始めました。特に、生産・流通から販売までの透明性の高さを実現しようと様々な取り組みがなされています。

そんな中、「GAP(ギャップ)」というものが今注目を集めていることはご存知でしょうか。おそらくあまり世間一般的に浸透していないため、知らない方も多いと思います。

そこで今回は「GAP」の基本的なことについて解説していきます。

<スポンサーリンク>
GAPとは

GAP(Good Agricultural Practice)は、日本では「農業生産工程管理」と訳されます。

GAPは、基本的に「定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施・記録・点検・評価を行うもの」とされています。日本では、農林水産省が「農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のこと」と定めています。

このように、GAPの定義は国や運営組織などによって様々です。加えてGAPには、世界的基準である「GLOBALGAP」や、日本GAP協会が定めている「JGAP」など色々な種類のものがあります。

※詳しくはこちらの記事を参照してください

GAPの基本的な流れとしては、【Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)】の4段階を繰り返し、農作業を記録に残し、農業業務を継続的に改善していくことになります。

GAPを取り入れるメリット

GAPを導入することによるメリットは以下の点が挙げられます。
(1)食品の安全性の向上
PDCAサイクルを回し、記録していくことでどのように農業を行っているか可視化することができます。それにより、農作物の安全性が向上します。

(2)信頼の向上
GAP認証を得ることで、取引先や消費者からの信頼が向上します。

(3)経営の質の向上
GAPを導入することで、従業員の自主性の向上、資材の不良在庫の削減、コスト削減などが期待できます。これによって、より経営面での質の向上を図ることができます。

(4)販路の拡大
海外へ農作物を輸出する際にGAP認証を求められる場合があります。そのため、GAPの導入により販路の拡大が期待できます。

GAP認証取得までの流れと費用

GAPは、認証機関の審査員が生産現場で審査を行う【第三者認証】です。この審査員は、企業や農家と利害関係がないことや審査員の資格要件が満たされているのかなど様々な角度で認証された上で認定されます。

まず、GAPを取得しようと試みた場合、それぞれのGAPの機関のチェックリストを入手し、自分の農場で条件を満たしている項目と満たせていない項目を把握します。

そして審査を通過できると判断したら、次に審査を申し込みます。無事審査を通過することができたら、GAP認証を取得することができます。実際に取得できるまでの期間は、GAPを運営する機関によって様々です。

GAP認証を取得するためには、費用がかかります。加えて、認証を維持するにも費用がかかります。この費用の額に関しては、各GAP機関のHP等を参照してください。

まとめ

ここまで理解すると、GAPに関する基本的な事項は把握できています。

GAPは、特に日本においてはまだまだ周知が十分ではありません。GAP認証を取得している農家の方も少ないのが現状です。

しかし、GAPは食の安全性を高め、消費者の安心にもつながる非常に重要な基準です。

これからさらに認知度を高めていくことが重要になっていくと思います。

その他おすすめ記事


GAP導入 適正農業規範 (GAPシリーズ) [ 田上隆一 ]

価格:2,052円
(2017/8/18 14:39時点)

<スポンサーリンク>