最近、食の安全性が重要視されるようになりました。

特に外国産の野菜などは農薬をバンバン使い大量生産している場合も多いため、新鮮かつ安全性が高いものを求める人々が増えています。

この流れに伴い、今有機農業やオーガニック農法が注目され始めており、色々なところでこのワードを聞く機会が増えました。

そこで今回
・有機農業とは何なのか
・日本でどれほど普及しているのか
・有機農業のメリットとは何なのか
などを解説していきたいと思います。

※有機農業とオーガニック農法は同じ意味なので、ここでは有機農業とします。

<スポンサーリンク>
有機農業の意味

まずは有機農業とは何なのかを解説します。

有機農業とは【化学的に合成された肥料や農薬の使用または遺伝子組み換え技術を利用しないことを前提に、土・水・生物・太陽など自然を生かして行われる農業】です。

かなり省略すると、【化学の力を用いずに、動植物の生命力に頼り、かつ自然の恵みだけで行う農業】ということになりますね。

しかし、有機農業の定義は世界各国様々であり、日本国内でも人によって認識が変わります。

ただ、日本での有機農業は基本的に「有機JAS法」に則って解釈されています。

どういうことかというと、実際に「有機農業」や「オーガニック」というワードを使用する場合には、「有機JAS法」の基準をクリアする必要があるのです。

クリアした場合にのみ、公式に有機農作物と認められる「有機JAS認定マーク」を付けることができます。

有機JAS認定マークって?

(写真イメージ:http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/)

有機JAS認定マークとは、「有機JAS法」の「有機JAS規格」をクリアした場合に、農林水産省から使用が許可されるものです。

この認定がもらえて初めて、農産物と畜産物、そしてその加工品に「有機」を付けることが認められます。

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」や「オーガニック」などの名称の表示や、紛らわしい表示を付けることは法律違反となります。

詳しい基準は下記URLをどうぞ。
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/gijutu_itiran.html


 

日本における有機農業の普及率

では、日本国内では有機農業はどれほど普及しているのでしょうか。

現時点で、全国の総農家数は200万戸を超えています。その中で有機農業を扱っている農家は、なんと1%以下だと言われています。

加えて、有機JAS認定マークを使用できる農家はさらに減ってしまいます。

これが日本国内における有機農業の現状です。ほとんど普及していません。

有機農業普及率を海外と比較しても、
イタリアでは8%程度
ドイツでは6%程度
であることから、日本の普及率の低さが分かります。

なぜ有機農業は普及しないのか?

有機農業の定義を見てもらえると分かる通り、有機農業は私たち消費者にとってメリットが多いです。厳格な基準を通過しているので安全性は間違いないですし、何となく興味持ってしまいます。

ではなぜ普及しないのか?

理由は簡単で、生産者にとってコストと手間が必要となり、加えてリスクも伴うからです。

例えば
・認証申請を出す
・細かなデータの管理が求められる
・毎年更新する認証審査の費用
・農薬を使用できないため、害虫などの被害の増加
などですね。

また、消費者にとってもデメリットはあり、有機農産物は多少値段が高くなります。主婦や一人暮らしの方にとっては、出費は少しでも抑えたくなるものですよね。

こういった理由から普及率は伸びないんです。

有機農業のメリット

有機農業で作られた農作物は高くなりますが、それ以上に消費者にとってメリットがあります。
一つずつ説明していきます。

栄養価が高い

有機農作物は野菜自身が害虫や病気から身を守るため、慣行農法で作られた農作物よりも栄養価が高くなるというのが一般的に言われています。

例えば、有機農作物には「抗酸化物質」が多く含まれています。
この「抗酸化物質」には、アンチエイジング効果があるため老化の防止にもなります。

加えてビタミンなども豊富に含まれているため、有機農作物は美容効果に最適と言えます。

安全性が高い

有機農業では化学的に合成された肥料や農薬の使用または遺伝子組み換え技術を利用せず、自然の恵みだけで育てているため安全性は抜群に高いです。

比較的日本産の農作物は安全なので、慣行農法で作られた野菜でも危険ということはありません。
しかし、農薬や化学的な肥料などを口に含むとなると良い気はしません。

特に自分の子供に食べされる物は完全に安全なものが良いですよね。

有機農作物は厳格な基準をクリアしているという点からも、間違いなく安全と言えます。

味が良い

これは声を大にして言いたいです。
味は変わらないという人もいますが、実際食べてみると全然違います

生でかじっても十分美味しいレベルなので、一度良さが分かれば抜け出せなくなりますよ。

これからの有機農業

上述したように、日本では有機農業はまだ一般的ではありません。
これは世界的に見ても普及率はまだまだ低いのが現状です。

しかし、有機農業には多くのメリットがあります。

このチャンスを逃さず、日本はもっと積極的に有機農業を推進する取り組みをすすめていき、世界に先駆ける有機農業国家にしていくべきだと思います。

有機農業にはまだまだ可能性があります
これから先、有機農業がさらに多くの方に認知されていくことを期待しています。

その他おすすめ記事
アグリテックとは?〜意味・事例を紹介〜
田舎生活や農作業を体験する「農泊」とは?地域活性化のカギとなるか?
マクドナルドの野菜(レタス/トマト)の産地はどこ?安全性は?


<スポンサーリンク>