日本生まれのハンバーガーチェーンであるモスバーガー。

とても美味しいですよね。
野菜はシャキッとしてて新鮮で。

今回は、

モスバーガーの野菜の産地はどこなのか?
野菜は安全なのか?
どこの人が作っているのか?

これらの疑問を解消していきたいと思います。

※関連してこちらの記事もどうぞ

モスバーガーの野菜の産地

モスバーガーで使用される生野菜は全て国産で、全国約3000軒の農家から届けられています。

また、モスバーガーは「国産農産物の消費拡大を通じて、日本農業の活性化にも貢献する」というビジョンを掲げており、社会的な貢献も果たしているということになります。

なので、
モスバーガーの生野菜の産地=日本全国
ということになります。

これはマクドナルドと違い、天候などの影響があっても外国産は使用していません

しかし、小麦粉や鶏肉に関してはアメリカや中国の物も使っており、国産のみというのは生野菜だけです。

モスバーガーの野菜の安全性

上記のことから、モスバーガーの野菜の安全性は間違いないです。

モスバーガーで使用される主な野菜は、トマト・キャベツ・レタス・玉ねぎ・グリーンリーフで、これらはできるだけ農薬や化学肥料に頼らない方法で育てられています

加えて、安全確認のために、残留農薬検査を抜き打ちで行っています

また、モスバーガーの担当者が産地を訪問した際に約50項目の産地チェックを行い、モスバーガー独自の基準で産地の評価を行っています

そしてモスバーガーに出荷する農家は、使用する肥料や農薬・畑の面積などの情報が記載された「産地台帳」の提出が義務付けられています

ここまで徹底した管理を行い、かつ全てが国産であるという観点から、モスバーガーの野菜はかなり安全性が高いです。

さすがモスバーガーといったところですね。

<スポンサーリンク>
農家はどんな人?

モスバーガーでは、毎月の生産者をサイトを通して公開しています

(例)
北海道地方 8月の産地
トマト 〇〇さん △△市
レタス △△さん 〇〇町

このように、生産者の情報が分かるというのは信頼性が増しますよね。

「想いが見える野菜」とモスバーガーは言ってますが、まさにその通りだと思います。

さすがモスバーガー

個人的にもモスバーガーは頻繁に通っており、その美味しさにいつも感心しています。

全てが国産の野菜というのは簡単ではありません。コストもかかりますし、管理もとても大変です。

それでも国産野菜にこだわるモスバーガー。

「さすが日本生まれのハンバーガーチェーン!」
としか言いようがないですね。

その他おすすめ記事
今話題の有機農業/オーガニック農法とは〜意味、普及率、メリットを紹介
野菜ジュースは飲んでも効果がないのか?ダイエットや健康に効果的?
田舎生活や農作業を体験する「農泊」とは?地域活性化のカギとなるか?
自宅で野菜を育ててみよう!〜自宅家庭菜園の始め方・おすすめの野菜〜



<スポンサーリンク>